「サッシリペア」カテゴリーアーカイブ

アパートのリフォーム

アパートのリフォームとして、木部と、建具の金具等のリペアの依頼をいただきました。原状回復と言われる補修作業ですね。

一番の大物は床の剥がれでした。

かなり劣化が進んでパリパリに干上がった状況でしたので、当初15cm程の剥がれでしたが、養生のためのマスキングテープで更に剥がれが進んでしまい、穴が広がってしまいました(泣)

写真下部のポツポツ穴が繋がってしまった感じですね。

(ガラケー‥(^^;))

ユニットバスの前の床なので、痛みもそこだけ激しかったようです。


建具金具は写真のようなドアの取っ手を3箇所綺麗にしました。

雨どい凹み

今日は割と珍しい依頼。雨どいの凹みの補修です。

樹脂の素材で、さらに湾曲してるRの面出しです。

なのにです。めったにない機会なのに。なんとビフォー写真を撮り忘れるという・・・

画像の矢印の箇所に大小の凹みが3カ所ありました。

と言っても、ビフォー写真がないと説得力がないですよね。

でも、あったんです。しっかりとした凹みが。

ちゃんと補修したんです(涙)

信じるか信じないかはあなた次第・・・無念であります(涙涙)


マンション玄関ドア凹み

今日はちょっと久しぶりに、手間のかかるアルミの施工をさせていただきました。

マンションの玄関ドアの凹みです。

横からピンポイントで何か強くぶつけた様ですね。

横が凹んだ分、手前が凸っている状態。

凸部分を平らにするために叩くと、横の凹みの周りが隆起する。その隆起を叩くと手前が凸る。

ん~エンドレス。

何度か自分の親指も叩きながら、細かく叩き続け、どうにか面を作りました。

後は塗装してクリアでコートして完了です。

普段はほとんど閉じているドアの角。1日に光を浴びる時間はわずかでしょうが、そんな隠れたところもリペア屋は黙々と補修いたします(^^)v

マンション表札

今日はマンションの入り口の表札プレートをきれいにしてきました。

当初は、文字の部分はシルバーに塗装予定でしたが、削ってみたらいい感じのブロンズが出てきたので、それを生かすことに。

荒い番手のやすりから徐々に目の細かいやすりへ変えながら、削る。
とにかくひたすら削る。削る。削る。。。
最後に全体にクリアを塗布してコーティング。

お客様には、ピカピカして塗りました感があるのより、程よくくすみが出てていいじゃない!
とのお言葉をいただきました。
塗装をやめて、頑張って削った甲斐がありました(^^)

お客様の言葉にはいつも救われます。