謎の穴

今回のご依頼は天然木のフローリングの補修です。

ピンポイントでスカスカになってしまった床です。

ぱっと見た目は数センチの穴ですが、触ってみると、穴の周りがふわふわ。

表面をむいてみると長さ15㎝、深さ2㎝程の空洞になっていました。

周りは何ともないのですが、ここだけ虫に食われたような空洞になっていました。

奥までたっぷり充填して補修させていただきました。

その他にも、リビングのおしゃれな床の小傷も補修しました。

憧れの床です。名称はわかりませんが、「寄木造り」とでも言うのでしょうか?

我が家を作るときにやりたかったけど、高額で諦めたやつです 笑

引きの写真を撮っておけばよかったのですが・・・

リビングの全面が寄木造りは圧巻でした。

施主様には、大変喜んでいただきました。

素敵なお家を施工させていただいて、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください